事務所ブログ

未分類

手で山に登る!

 

しばらくは緩やかな尾根道を快調に歩いて行った。

そのうち、再び傾斜が厳しくなりだした。

前方に見えていた尖がった頂きを下蒜山の頂上だと思っていたが、

しかし、どうもそこは少し手前の単なる高みのようだった。

そこを超えたところが頂上だったが、その直下に

きつい登りが待っていた。

それがどの程度の厳しさであるかを

私のつたない表現で説明するのはむずかしい。

その代わりに写真を見ていただけたらわかるだろう。

分度器で測ったら、45度まではいかないにしても、

それに近い角度だ。

こんな所は足で行けなくはないが

(とまぁ、強がりを言っておこう)、

手懸りがあると登りやすい。

というわけで(?)、岩に鉄鎖が打ち込まれていた。

こんなところは《鎖場》という。

手でもって体を支え、

それで体を引き上げることもした。

20カ所ぐらい連続して登っただろうか。

つくづく思った。

山は足だけではなく、手でも登るものだと。

事務所ブログを検索

月別アーカイブ

お電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください! 各種ご相談・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ
06-6361-6017 ※番号をタップすると電話発信します

受付時間:月~金(祝日を除く) 9:30〜17:30