事務所ブログ

未分類

この木の形を見て考えた

 

登りの坂がきつくなり始めた。

まだ薄暗い林の中だったが、

道の脇の木が「し」の形になっているのに気付いた。

同じような姿を新潟県の妙高高原で見た。

スキー場の近くに生えている木が

坂の下に向かって曲がっていた。

この蒜山にも雪が降る。

上蒜山の西側の麓にはスキー場もある。

冬、深く積もった雪が斜面を滑り落ちるとき

木を倒さんばかりの圧力を加えた。

写真の右側が斜面の上側になり、

雪が左方向に降りてきて、木が左に曲がったのだろう。

 

幸田文の「木」という本の中におもしろい話があった。

積雪の多い地方では、根元から曲がった木が多い。

木材業者は、そのようなものは商品にならないと言う。

幸田文が、本当のそうなのかと疑問に思い、

そのような木を製材してもらうことにした。

鋸で切断されていた木は途中で、

《バン》と大音響を出して割れたという。

これを読んだとき、人間も同じようなものだと思った。

 

幼いころの嫌な記憶が、今も心の中に巣くっている。

時々、泡のように、意識の中に浮かび上がってくる。

嫌なことではあるけれども、役立つこともある。

法律相談で相談者の気持ちがわかるためには

そのような傷ついた経験も役だっているに違いない。

木とは違って、人の場合、

その後の様々な経験が積み重なって、今がある。

悲しいこともあったが、楽しいこともあった。

そのような経験が今の私を作っている。

 

事務所ブログを検索

月別アーカイブ

お電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください! 各種ご相談・お問い合わせ窓口

お電話でのお問い合わせ
06-6361-6017 ※番号をタップすると電話発信します

受付時間:月~金(祝日を除く) 9:30〜17:30