大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

智恵子の生まれた故郷を歩く②

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

智恵子の生まれた故郷を歩く①

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

トンネルの向こうには、きっといいことが。

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

人が去って残っているものは

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これも壁紙にできるかもしれないが

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

まるで壁紙のデザインのようだ

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

東北らしい景色とは

《一家離散の歴史は跡形もないけれども》

玄関には、紺地に白色の3枚ののれんがあった。

左から《米屋》、《種類醸造元》、《こめや》と書かれていた。

5月の初めにしては少し肌寒い風に吹かれ、緩やかに動いている。

2階から道に突き出した小屋根に酒造所を示す杉玉がぶら下がり、酒樽を運ぶための大八車までおかれている。

智恵子は今から130年も前の明治19年(1886年)に生まれた。

父の今朝吉が死亡した後、昭和4年(1929年)に生家は破産して、一家離散した。

その時からでも100年が経過している。

それなのに、のれんには汚れ1つなく、白い壁にはシミもない。

今も酒屋か土産物屋として営業しているかのようだ。

流れ去った年月も、悲惨な出来事もどこかにおいて、《生家》が建っている。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ