大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

TVドラマでみるような、被告人のために証拠を探してくるような弁護活動って本当にするのですか?(2)

 しかし、テレビのような殺人事件で無罪を争う事件を、担当することはきわめて少ないです。
 ただ、このような事件を受けたとすれば、弁護士は被告人がいうことを信用し、無罪を裏付ける証拠を探すことになります。
会議 先輩弁護士から《現場100回》ということを聞いたことがあります。
 (刑事も言いそうなことですが)事務所で書類を見て考えるのではなく、現地に何回も行き事件現場で考えてみよということでしょう。
 テレビでは、現場周辺の人に聞いて新たな証言を得て、事件が見事解決なんていうシーンがあります。
 しかし、現場の近所の人は、警戒心が強い場合が多く、気軽に弁護士や事務員に話をしてくれないことが多いです。
 裁判に出てくれというと、途端に尻込みされ、回答があいまいになります。
 さて、質問に対する回答です。
 《証拠を探してくるような弁護活動はします》が、テレビ事件ほど徹底的にするようなことは少なく、又、その結果、見事、無罪を勝ち取るというのはきわめてまれというのが実際のところでしょう。

                                                    (R)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ