大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

TVドラマでみるような、被告人のために証拠を探してくるような弁護活動って本当にするのですか?(1)

 刑事事件の被告人のほとんどが犯罪を認めています。
 だから、弁護士としては、被害者に解決金を渡して示談し、被告人が刑務所に入らず執行猶予がつくようにするための動きをします。
 そのために多くの弁護士が、被害者やその家族に会いに行きます。
 私の経験した中では、昼間に強盗に入り、おばあさんを包丁で刺したという強盗傷害事件で、被害者(正確にいうと被害者は入院中だったので、その息子さん)に会いに行ったことがあります。
 夜の6時半ころに会い、結局、夜中の2時くらいまで話をし、なんとか示談をしました。
(続く)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ