大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

3年目の妙高・・その⑩ 青シャツ少年の《イワナ》釣り

(2018.5.5)

イモリ池から続いていた林を抜けたところ、視界は一気には広がった。

右に妙高があり、道ははるか前方の黒姫山に向かって伸びている。

道の周囲は進行方向に向かってゆるやかな斜面で、一面に畑が広がっている。

杉野沢の集落だ。

 

斜面を水が流れ落ちているが、自然の小川ではなく、畑に水を取り入れるための用水路だ。

幅約30センチほど、コンクリートで固められた水路だ。

青のTシャツを着た少年が、そこで魚釣りをしている。

 

釣りの邪魔をするのも悪いので、一旦、通り過ぎたが、やはり気になる。

10メートルほど行ったところで、誘惑に負け、Uターンした。

《何が釣れます?》と聞くと、《イワナ・・・》と答える。

イワナと言った言葉の語尾が消えかかるようで、小さな声になった。

私の、《そんな狭苦しいところで岩魚なんか釣れるはずもないだろう》という表情を見たからだろう。

その後、20分ほど後に、同じ少年が目の前を歩いているのを見かけた。

どこか近道があったのだろう。

もちろん、手にはイワナなど持っていなかった。

しかし、悪いことをしたかもしれない。

私は《イワナ》と言えば、尺―30センチ程度の大きさの《岩魚》というイメージがある。

しかし、たとえ5センチであったとしても、それもまた、《イワナ》である。

あの少年は、そのような《イワナ》を釣っていたのかもしれない。

その程度なら、あるいはあの水路にいたのかもしれない。

しかし、それならリールなどは大げさすぎていらないとは思うけれども。

林を抜け杉野沢集落に入る。

空は青く道の両側には畑が広がる。

 

魚つりをしている青シャツ少年。

一旦通り過ぎたが、気になって写真だけは撮ってみた。

 

しかし、その後バックしてみた。

イワナ、いるかなぁ…

右下にリール付きの竿が見える。

 

ベンチがあった。一服する弟(右)と息子(左)。

後方は黒姫山。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ