大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺言は誰にも書けるけれど・・・【お父さんのための遺言講座その1】

ボス弁イラスト2ネットで検索すると「サルでもわかる音楽理論」とか、
「サルでもわかる哲学史」なんていうものもある。
そんなもん、サルにわかるか!といいたい。
遺言はむずかしいなぁという話をすると、
「遺言は簡単じゃないですか」と弁護士から反論された。
簡単といえば、確かにそうだ。
自書すること、年月日を記載し、署名捺印をする形を守れば、
あとは「遺産はすべて、長男に相続させる」という内容でよい。
それこそ「サルでも作れる」

だが、何のために遺言を書くのかいうことを考えると、
遺言ほど、むずかしいものはない。
遺言書を作る目的は
子供たちが遺産争いをしないようにということではなかろうか。
「遺産はすべて、長男に相続させる」なんていうのは
子供たちに争いを残してあげるようなものだ。
これからしばらくは、遺言書を書くとき、
是非、考えなければならない点を述べる。
到底、サルにはわからない、人間の悩みを書く。
財産を持っているお父さんよ、
心して読まれよ。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ