大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

道端の10個の石、これは何なのか?

つりふね草の咲いていた坂から10分ほど歩いたところに

《あれはなんだ?》と思うようなものがあった。

道路端から田んぼらしき空き地に突き出して

石が10個ほど並んでいる。

大きさも違えば、形もまちまちだ。

自然石もあれば、加工されて重ねられているものもある。

縦長の長方形に加工された石に屋根がのせられている。

そんなのが3つあるのもみれば、お墓のようだ。

そうだとすれば、一緒にある他のものもお墓だろう。

手前の道路が拡幅され、舗装された際、

地中から掘り出されたものか、

あるいは道端に点在していたものを

ここに一か所に集めたものだろう。

かなり昔の、それも無縁の人のものではなかろうか。

勝手な空想をしてみれば、

屋根のあるのは武士、

自然石は行き倒れた乞食や遊女、

一番小さい石は飢饉でなくなった子ども。

下の方は苔むしているが、

さてどれくらいの昔のものだろうか。

手前に桜の木が植えられている。

秋の夕暮れで、斜めの光が柔らかくさしている。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ