大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

運転手の回答には、きっと「チョウコウ」も怒っているぞ

 

《この秋の連休、蒜山にアタック! ②》

根雨(ねう)駅で宿の送迎バスが発車して、すぐに「生田長江」と書かれた看板を見つけた。

町役場(日野町)の入り口の横に大きな字でと書かれている。

どうも人の名前らしいので、運転手に聞いてみた。

《いくた ながえ、って誰のことですか?》

《チョウコウ》という答えが返ってきたが、それだけだった。

私は次の質問をした。

《江戸時代の国学者みたいな名前ですね》

答えはなかった。

宿の送迎バスに乗る時は、必ず運転手に話しかけることにしている。

運転手は間違いなく質問に答えてくれる。

左右に見える景色の簡単な説明もしてくれることも多い。

《観光客はいかないけれど、あそこは行った方がよい》などという、秘密の情報を話してもくれる。

そして何よりもうれしいのは、その土地が育んだ、その地域の人の持つ特有の雰囲気、人情が伝わってくる。

しかし、答えが《チョウコウ》だけではねぇ・・

一体、どんな土地なんだ、ここは。

このコロナの流行する時期だから、車内という密閉空間で運転席の後ろ(密着してなかったけれども)で話をするのはタブーだったのか。

しかし、それなら、一言、そう言えばいいのに。

おかげさまで、バスの横を走っている川の名前も聞けなかった。

途中にある古い小学校の校舎風の建物(降りてっゆっくりと見学したいような感じだった)はなんですかとも、又、道路に沿って広がっていたダム湖についても、質問したいことはいっぱいあったけれども、聞くのはあきらめた。

しょうがないから、ウイッキペディアで検索すると、生田という人は、根雨駅のある日野町出身で、明治から昭和にかけての文学者でかなり有名な人のようだ。

《資本論》第1巻を翻訳したとある。

又、木下尚江という明治の社会運動家とつながりがあったとか、「原始、女性は太陽であった」で有名な「青鞜」の平塚らいちょうの運動を支援したとも記載されていた。

こんな、小さな田舎町でも、大きな志をもち、社会に眼を開いた人物が生まれるのだなぁと感心した、

しかし、こんな運転手が多いような人情の町であれば、チョウコウもすみにくかっただろうなぁ。

降りる時に言いたかった。

《おい、運転手、チョウコウが鳴いているよ》と。

まぁ、もちろん、そんなことは言いもしなかったけれども。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ