大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

足音におびえる。

     先日、袴田巌氏の再審が認められた。
     従前の裁判の問題点や判決内容についてはテレビや新聞紙で詳しく報道されている。
     私は、主として民事事件を扱う弁護士なので、刑事事件には詳しくはない。
     ただ、報道を見た感想―判決についてではなく、冤罪事件や死刑についての周辺事情―を少し、
     述べてみたい。
死刑台を見たことがある。
それは拘置所にあった。
私は設備を見ただけなので《これが死刑台か》程度の印象しかなかった。
しかし、一つだけ強く記憶に残ったことがある。
執行の際、受刑者のいる下の床がガタンと落ち、宙吊り状態になるという。
床は電気仕掛けで落ちるが、誰かがその操作ボタンを押さなければならない。
そのボタンは1つではなく、5つくらいあった。
刑務官5人が同時にボタンを押し、そのうちのどれかが床を落とすボタンにつながっているという。
自分が押したボタンで刑が執行されたという精神的な負担をかけないようにしているのだ。
死刑囚には執行する時期は知らされない。
刑は、その日の朝に、突然、通知され、即日、執行される。
そのため、朝、刑務官の靴音を聞く度に、自分の房の前で止まるのではないかと、毎日、おびえるという。
自分が犯罪を犯していれば、納得せざるも得ないだろうが、それでも毎朝、不安に駆られるであろう。
全く無実である袴田氏も、毎朝の足音におびえたであろうし、しかも無実の身としてみれば、これほど辛く無念なことはなく、これほど非条理で納得できない話もないだろう。
袴田氏は現在、精神が不安定という。
死刑判決が確定して約34年後の釈放である。
毎日の怯えから解放されたが、袴田氏に心安らぐ日が、果たして来るのだろうか。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ