大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

裁判官に「袖の下」はない

弁護士になる以前、司法修習という研修時代がある。
そのころ、裁判官が身にまとう黒い法衣というものを間近で見せてもらったことがあった。
よく見ると、袖の下は何も付いておらず、黒いマントのようであった。
横にいた裁判官がひとこと。
「裁判官には、袖の下がないんだよ。」

なるほどと思った。
当然のことだが、賄賂や汚職があってはならないことを法衣が体現しているのだ。
事件には勝つ側がいれば必ず負ける側がいる。どちらにせよ、汚職のない司法を切に願うばかりである。

                                                            (H)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ