大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

石の表情~南極の石

やはり、南極の石らしい・・・

前に依頼者から、南極に石をもらったという話をし、本当に南極の石かどうかわからないという話をしました。
先日、顧問先の専門学校の理事長さんとの話の中で、この石が話題になりました。
そのとき、同席していた弁理士さんが、ネットにこんな記事があると教えてくれました。
「昭和基地」:「年平均気温は零下約10度Cで夏には露岩が現れる」
「オングル島」:「高さ30~40メートルの丘陵性の露岩が大部分で、先カンブリア時代に片麻(へんま)岩からなる」とある。

南極の石2(アップ写真)この石は、今から40年ほど前に、南極の日本観測基地のあるオングル島付近で採取されたものという話でした。
そこで、まず、この石が採取されたらしいオングル島では、氷がなく、岩が露出しているところがあるということがわかりました。
次に、この石は花崗片麻岩らしいので、この点も、オングル島の記事と一致します。
ということは、南極の石の可能性が高いということでしょう。
この石のザラザラとした感触、手に持ったときのこの重量感。
そういう眼で見れば、たしかに、この石は永年にわたり寒さと厳しい風雪にさらされた「表情をしている」ようにも見えます。
この石を見ていると、その石を存在していたであろう周囲の景色が見えてくるようです。
事務所にお越しの際には、ぜひ、この石をご覧下さい(龍)。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ