大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

検察官の求刑は軽すぎる

(asahi.comから 2011.11.14)
http://www.asahi.com/national/update/1214/OSK201112140130.html

(記事の要約)
 営利目的覚せい剤密輸などの罪に問われて裁判員裁判となった大阪の刑事事件で、検察は懲役15年、罰金700万円を求刑したが、言い渡された判決は求刑を上回る懲役18年、罰金800万円という内容であった。

(所内の雑感)
事務員:よくニュースで「検察側は、懲役○○年を求刑しました」というのを見ますよね。普通は懲役15年の求刑があると、判決は少し軽めで懲役13年くらいになることが多い気がするのですが。
弁護士:大抵の事件ではそうですよね。
事務員:求刑より重い判決なんて出してもいいのですか?
弁護士&事務弁護士:刑事裁判を見に行くとわかるのですが、検察官が求刑を言う前に、裁判長が、「検察官の御意見を伺います」と話しかけるんですね。つまり、求刑は単なるあくまで検察官が考える独自の「意見」なので、裁判所はそれに従わないといけないわけじゃないんですよね。
事務員:じゃあ、裁判所は求刑とは関係なく自由に判決を出せるんですか?
弁護士:法律上、刑の範囲は犯罪ごとに決まっていますが、その範囲内では自由です。
事務員:そうなんですね。でも、犯罪を重く見るはずの検察官よりも、中立であるべき裁判所が重い刑を科すなどということがあっていいのでしょうか。
弁護士:検察官の求刑が軽すぎると思ったら、あるべき判決を打ち出すのも裁判員裁判の一つの役目なのかもしれませんね。

(北野)

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ