大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

智恵子の生まれた故郷を歩く⑳

 

     

《石碑に取り上げられたのは》

山上の墓を少し行ったところに十数段の階段があった。

そこを上がったところに「樹下の二人」の石碑があった。

この詩は長く、約40行近くもある。

到底、全部を石に刻むことはできない。

どの箇所を切り取って石に刻んだのか興味があった。

詩の冒頭の《静かに燃えて手を組んでいる喜び》でもなく、

《不思議な仙丹を魂の壺にくゆらせている》智恵子の魅力でもなかった。

「ここはあなたの生まれた故郷」から始まり、

「あの小さな白壁の点々があなたのうちの酒蔵」が続く一節だった。

《郷土愛》がこの箇所を選考させたのであろうか。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ