大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

智恵子の愛はどのようなものか。

 

光太郎の愛 智恵子の愛③

高村光太郎はその妻智恵子との愛を

《智恵子抄》という詩集にした。

光太郎の妻に対する愛情があふれている。

しかし、果たして智恵子の愛はどうだったのか。

詩人室生犀星が智恵子に会った話を残している。

光太郎のアトリエを訪れた犀星が

応対に出た智恵子に門前払いをされた。

「いままで見た世間の女とまるで異なった気取りと冷淡と

・・バカにしている目付きに私は出会ったのである」

「夫には忠実でほかの客にはくそくらえ

という目つきで追い払われた」

 

光太郎により作りあげられた愛に包まれた姿、

犀星の記憶に残った冷淡な女、

果たして智恵子とはどのような人であったのか。

また、智恵子の愛はどのようなものだったのか。

※引用は、室生犀星「我が足する詩人の伝記」から※


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ