大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

弁護士のバッチは《金色と銀色》

先日、依頼者の方から
「弁護士のバッチは2種類あるのですか」と聞かれました。
2種類とは金色と銀色のことを言っておられるようです。
弁護士バッチ1ほんとうは、バッチは1種類です。
弁護士になって、最初にもらうバッチは金色です。
でも、純金などではなく、金メッキですので、
年月が経過するとメッキが剥げて、銀色になります。

銀色のバッチは年季が入ったベテランです。
《メッキが剥げる》という言葉は、化け皮がはがれるということで使われます。
しかし、弁護士は《メッキが剥げる》ころからが勝負です。
初々しい心は失われるかもしれませんが、
その分、事件の動きを読み、駆け引きができるようになります。
どちらがいいかは一概にはいえませんが、
銀色のバッチを付けたベテラン弁護士が監督して、金色のバッチを付けた若い弁護士が行動するというのがベストでしょう。

            

                                                          (R)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ