大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

弁護士と有罪確定

(記事の概略 2011.12.8読売新聞夕刊より)
強制執行妨害罪に問われた安田好弘弁護士について、最高裁判所は検察・被告側双方の上告を棄却する決定をし、罰金50万円とした二審・東京高裁判決が確定する。
弁護士法は、禁固以上の刑が確定した場合に資格を失うと規定しているため、判決確定後も弁護士を続けられる。

(所内の雑感)
弁護士&事務事務員:弁護士の資格について、弁護士法ではどのように決まっているのですか?
弁護士:弁護士法では、弁護士が資格を失うのは、禁固以上の刑に処せられた場合と定めているので、有罪となっても罰金刑の場合は、弁護士の資格はなくなりません。
弁護士の資格は、特例はありますが、司法修習生の修習を終えた者が得ることができるのが原則です。そのため、多くは、司法試験を受験し、合格後に司法修習という研修を経て弁護士になるのが通常です。
ただ、弁護士の資格を得ただけでは、弁護士として業務はできません。
弁護士として業務を行うためには、日本弁護士連合会の弁護士名簿に登録する必要があります。

(佐々木)

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ