大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

司法書士も裁判所で代理人になれると聞きましたが、弁護士と何が違うのですか?

司法書士と弁護士の違いは、大雑把ではありますが、司法書士は不動産などの登記申請を行う専門家、弁護士は裁判の代理人というイメージです。
ただ、平成14年の法改正により、一定の司法書士(認定司法書士)については、簡易裁判所での民事訴訟等の代理権が認められるようになりましたので、簡易裁判所での活動に限っては弁護士も司法書士も同じことができます。
事件の内容としては、以前から電車広告やCMでも流れている過払い金返還請求事件が多いと思いますが、最近、過払い事件も減ってきています。
また、代理人にはなれませんが、依頼を受けて裁判所に提出する書類を作成することもできますので、依頼者の名前で破産手続等の書類を作成したりもします。
このように民事の裁判については、弁護士も司法書士も代理人となる権限は同じですが、テレビドラマでよく出てくる刑事裁判については、司法書士に権限はないため、この点では司法書士と弁護士の権限は全く違います。

(佐々木)

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ