大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

去年の花見はこんなものでした―その4―【家の前の流れが町並みをさわやかに引き立てる】

柿本人麻呂の時代には《阿騎野》という狩場であったという。
《宇陀》という古臭く、
いかにも由緒ありそうな名前には
わびしくさびれたところというイメ―ジがある。

しかし、かつてここは《宇陀千軒》というほど家が集り、
最盛時には10軒の宿屋もあったという、
結構、大きな町だったようだ。
現在でも宇陀簡易裁判所があり、
かつての町の賑わいを今にとどめている。

道の両側には古い建物が多く、
その多くに説明の看板があった。
建築物として由緒が丁寧に記載されていた。
町並みが多く残っていて、それはすばらしいけれど、
江戸時代の町屋は京都などでも見ている。

古い家並みの間の
車2台がすれ違えるほどの道の両側に、
ということは各家の玄関の前に
幅が40センチほどの細い水路がある。
そこに流れている水がきれいだったので
この町の印象が格段にさわやかになった。

家の前をきれいな水が流れているうれしさよ。

 

右から左へ水はそこそこの速さで流れていた。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ