大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

イヌも登山するか

下蒜山の山頂から降りるとき、粘土質の地面に何度も滑りかけ、難渋していたとき、

横をすーと通り抜けていったものがある。

なんと犬であり、その飼い主であろう登山者であった。

 

犬と言っても、街中でおばさんが2匹同時に散歩させているような、

あんなチョコマカと歩き回る、小さくて足の短い愛玩犬、室内犬ではない、スマートな中型の犬であった。

(昔、狩猟犬でポインターなどという精悍な感じの犬の種類があったが、そんな感じであった)。

 

私たちが林を抜けて、はるか向こうの中蒜山への道を見たとき、熊笹の中の一本道のはるか向こうを歩く人の姿が小さく見えたが、その足元にはあの一匹もいたのだろうか。

しかし、それにしても、ささっと歩き去った、その1匹と一人はいかにもカッコよかった。

 

だが、鎖場などはどうしたのだろう。

前足で鎖をつかむことなどはできない話である。

買主が、背中に背負ったのだろうか。

もし、その鎖場も自力で登ったとすれば、

それはまさに《登山犬》(そんな表現があるかどうかは知らないけれど)ということもできようか。

 


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ