大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

この風、これが旅行というものだ

部屋で地図を見ると、宿の近くに小さな川がある。

歩けば20分ほどの距離である。

川に行けば、流れがあり、石を拾うことができる。

長男に《川まで散歩でもするか》というと、

《行こう》という答えが返ってきた。

部屋で少し休んだ後、部屋を出た。

フロントを抜けて、玄関の扉が開いたとき

(正確に言うと自動扉なので勝手に開いたのだが)

さわーっと風が吹きつけてきた。

幾分、夏の熱っぽさを含んではいたが、

それでもかろやか、爽やかさであった。

《いいなあ》と思った。

これが旅行というものだ、

求めていたのはこれだと思った。

このような風に吹かれるために、

わざわざここまで来たのだ。

《景色》ということもあれば、《風景》ということもある。

景色は眼で見るものである。

風景は、風に包まれて、体全体で感じるものではなかろうか。

旅行で風の印象が一番記憶に残るような気がする。

冬の越前岬の凍えそうな風、

福島の猪苗代湖の枝垂れ桜を枝をゆっくりと動かす風、

行ったところにはその土地の風が吹いている。

そういえば、人の生まれた土地などを表現する言葉に

《風土》という言葉がある。

風と土と一体にした、

なんともうまく作られた言葉ではなかろうか。


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ