大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

がんこ寿司さん、ここは《がんこ》に守って欲しいです

外部リンク:ノロウイルスも検出 「がんこ」男女21人が食中毒

私はいつも、がんこの看板を見ながら通勤している。

枚方市駅の近くに店があり、大きな看板がかかっている。

ねじり鉢巻をして、いかにも《がんこ》一徹という顔である。

 

がんこ寿司には、息子夫婦と孫らと一緒に数回、行ったことがある。

うまいかと言えば《まぁまぁ・・》という感じだし、安いかと言えば100円寿司に負ける。

お客目線で言えば、100円寿司以上の新鮮な食材を提供しているわけでもなく、また、従業員のサービスが気持ちいいわけでもない。

高級すし店と100円寿司との間でどのように生き残りを考えているのだろうか?

 

外食産業は何にもまして、衛生管理が必要であり、それが何にも優先する。

従業員の健康状態のチェックなど、費用が掛かっても怠ってはならないだろう。

それが、今回のノロ騒動である。

従業員も3人の保菌者がいたということだが、従業員の健康状態にチェックに金をかけていなかったのだろう。

顧客の立場としては、《孫を連れてはがんこ寿司に行っていいのかなぁ・・》と思ってしまう。

 

費用を削るあまり、根本を忘れる・・車や鉄鋼、建材などの品質偽装と同様の構造ではなかろうか。

外食産業が成り立つ基本的なところは衛生管理の徹底である。

がんこ寿司さんよ、そこだけは是非《がんこ》でお願いします。

(弁護士 大澤龍司)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ